貸切バスは気を遣わず楽しめるのが魅力

貸切バスは気を遣わず楽しめるのが魅力

貸切バスは気を遣わず楽しめるのが魅力 みなさんは、よくバスはお使いになるでしょうか?地元を走るローカルバスの話なら、みなさんよくご存知かと思います。今回は貸切バス、というものについて考えていきたいと思います。まずは団体バスというものについてですが、これは旅行会社のツアーでしたり、空港から全国主要都市まで安価で走ってくれたりする夜行バスなども含んでの呼称とされることがあります。

団体バスにというものは幅広い意味を含んでおり、空港から大きな都市や市町に旅行客を安価で送り届けてもらうことのできる、学生などにはとても優しい路線のことです。アウトレットのツアーだったり、地方からいらっしゃった方々に対して大きなテーマパークまで送り届ける役割を担っていたりします。こうしたバスに共通していることは、「知らない人と乗り合わせる」ということだと思います。

全国各地を渡り歩くバックパッカーの方だったり、さすらいの旅人に言わせてみれば、それこそが醍醐味だ、となるのでしょうが、現代の日本人は、「いかにくつろいで目的地までつくか」ということを第一に考えます。他の方との交流自体は問題ないものの、見知っている友人たちと楽しみたい、と考える方も多くいらっしゃいます。そういった方におすすめなのが貸切バスです。

貸切バスとは、その名の通り大型バス(中型もある)を複数名で契約し、専属タクシーのようにできるバスのことです。小学校や中学校の修学旅行時に乗ったことがある方もいるでしょう、大きなバスなどを考えていただければ良いかと思います。この貸切バスのメリットは、何と言っても内輪で盛り上がれることですね!

隣も後ろも、果ては前までも全員が自分の身内ですし、運転手さんやガイドさんも非常に気さくな方が多く、その点において気を使うことはほとんどなく、きっと快適な旅行になると思います。また、最近の大型バス内にはテレビがついていたり、カラオケがついていたり、さらにはゲームができたりするものもあるらしく、移動中のお客様を退屈させない工夫がたくさん凝らされているようです。

また、公共の乗り物において難しい問題である「空調の効きすぎや効かなすぎ」に対しても、貸し切りバスなら普段気遣って言えないという方も気兼ねすることなく伝えることができるのではないでしょうか。なんといっても、自分たちの都合に合わせられる、という点が貸切にする最大のメリットともいえるのです。

市営や何かのツアーであれば時刻に決められた場所に行って乗車するのが当然ですが、自分たちで契約を行うことでいつ何時に集合時間を設定しても誰にも白い目で見られることがないのです。非常にいいことですよね。貸切にする時の料金ですが、ピンキリとは言いませんがそれなりに幅があります。もちろん運航する会社やその距離にも応じて変わるのが常ですが、大人数でバスを使って移動するのであれば、おそらく支払い額と楽しさをはかりにかけた場合、おつりがくるくらいの気持ちになれる楽しさが保証されるのではないでしょうか。人数が多ければ多いほど割った額が低くなるのも嬉しいですね。

デメリットも多くはありませんが、無いわけではありません。例えば停車地を選ぶ必要がある(道の駅や、かなり大きな観光スポットなど)ことや、他の交通手段を使うことが難しくなる(電車などを使うと、その移動した後どうやってバスと合流するか等)ことが考えられます。ですが、前述の通り、支払いより余りある楽しさや、そもそも支払いも大きすぎる額にはならないことも含めて、貸切バスには魅力が詰まっていると言えるでしょう。新幹線や飛行機を使用することで今までお金をたくさん払って旅行に行っていた、という方も、少し大人数で出かける機会があったなら、貸切バスも考えてみるのはいかがでしょうか?きっと忘れられない旅の思い出ができますよ。

最新情報

  • [2016年12月01日]
    ホームページを更新しました。

  • [2016年12月01日]
    運営者情報を追加しました。